22年前の8月13日、あの日も本当に暑い日でした。
御巣鷹山に日航機が墜落し520名もの犠牲者が出た航空機事故として大変に大きな事故でした。

今でも一報を聞いた瞬間を鮮明に覚えています、友人と別れて帰宅のために運転中にカーラジオで速報として流された臨時ニュースでした。

日航のジャンボ機、羽田発の伊丹行きが行方不明となった、信じられない報道でした。
その後、墜落らしいとか?墜落現場が特定できないとか?さまざまな報道でした。

あれから22年です。
本当に航空機事故は悲惨な結果となりがちで、空、飛行機に携わる者が心して取り組むべき問題です。